忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちびちゃんストーリー13おかゆ

(これは物語です)

『おかゆ』

「ちょっと熱あるね、風邪かな…?」
ちびちゃんのおでこを触ってお母さんが言いました。
「寝てなさい、あとでおかゆ作ってあげるから」
「うん…」
お母さんがちびちゃんをだっこして、ベットに寝かせてくれました。

妹たちの楽しそうに遊んでる声が小さく聞こえてきます。
『つまんないなぁ…』
ちびちゃんは、頭が痛くてしんどかったけど、しーんとしたお部屋で一人で
寝ているのはとっても淋しいと思いました。

お母さんがお部屋に入って来ました。
「どう…?、頭、痛いよね…?」
「うん…、ちょっと痛い…」
「冷たくて気持ちよくなるからね」
お母さんがそう言って、ちびちゃんに氷枕をしてくれました。
枕の中で氷の音がして、ヒヤッとしました。
「何のおかゆがいい…?、たまご…?、梅干し…?」
お母さんがちびちゃんに優しく聞いてくれました。
「たまご…」
ちびちゃんは小さく応えました。
「わかった、もうちょっと待っててね」
お母さんは、静かにお部屋の扉を閉めました。
ちびちゃんは、何だかちょっと、お母さんのたまごのおかゆが
楽しみになりました。

「ちびちゃん、お待たせ、おかゆ食べようか」
お母さんがおかゆを持って来てくれました。
小さなお茶碗に入っている、きいろくてふわっとしたおかゆをお母さんが
レンゲですくって、ふぅふぅってして食べさせてくれました。
「おいしい…?」
「うん」
「よかった…、これ食べたらもう熱下がるからね」
「うん」

「おいしそうだね、いいな、ちびちゃん」
お父さんがお部屋に入って来て言いました。
「熱がある人だけよ、ねぇ、ちびちゃん」
お母さんが笑って言いました。
「病気になったら、こんなの作ってもらえるのか~、いいな~」
お父さんの言葉にお母さんがまた笑って言いました。
「お父さんも熱、出したいの…?」
「こんなの作ってもらえたら熱出してもいいかな、なぁ、ちびちゃん」
「何言ってんのよ、ちびちゃんしんどいのにねぇ」
お母さんは、そう言いながらお布団を直してくれました。

「プリン食べる…?」
「うん」
おかゆを食べ終わるとお母さんがプリンを持って来てくれました。
「おっ、そんなのもあるのか」
お父さんが、またお部屋に入って来ました。
「もう、また、何言ってんのよ、これもちびちゃんだけよ、ねぇ」
「これもちびちゃんだけ特別か、ちびちゃん、いいな」
「もう、何言ってんのよ、お父さんは」
お母さんがまた笑って言いました。

「少し熱下がったみたいね、あとで計ってみようね」
お母さんが、ちびちゃんのおでこをそっと触りながら言いました。

何だか、ちょっと楽しくて、優しくて、暖かくて、おいしくて、
『病気になるのも何かいいな』ってちびちゃんは思いました。


-おわり-








PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne