忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『大好き』8

(これは物語です)

「1.わんこ」 -4.いのちって・・・?4-

ぼくは、鼻先が「つんっ」としたままちょっと考えた。
考えて・・・、ぼくのそばで、また体を伸ばしている大きなわんこに
また聞いてみた。
「ねぇ・・・いのちって、どこにあるの・・・?」
大きなわんこは、またゆっくり大きな声でお話してくれた。
「そうじゃな・・・体の中じゃよ・・・」
「ふーん」
「小さな花の中にもちゃんとあるんじゃ」
大きなわんこは、ぼくの下にいたきみを見た。
「いのちってなに・・・?」
「うーん・・・そうじゃな・・・」
「ぼく、わかる・・・?」
大きなわんこは、ちょっと黙って、いつのまにか出てた
お星さまを見上げてから、ゆっくり大きな声でお話してくれた。
「楽しい・・・、悲しい・・・、寂しい・・・、嬉しい・・・、そうじゃな・・・
体の中から出てくるそれが命なんじゃよ!」
「ふーん、楽しいって・・・?悲しいって・・・?」
「わしをけとばしそうに走っとったあの時、楽しそうじゃがな・・・」
「そーかー!ぼく、あの丘に走ってると、なんだか体が「ふわっ」となって、
鼻先だって「くすっ」としてた・・・」
「そうじゃよ、そんなふうに体から溢れるもんが、みんな命なんじゃよ」
「じゃあ、ぼくが抜いちゃったせいで大好きなこすもすさんがゆらゆら
揺れてくれなくなっちゃって、体がなんか「ずんっ」となって、
鼻先だって「つんっ」としたのは・・・?なに・・・?
「うーん。それはきっと、悲しい・・・寂しい・・・なんじゃな」
「そっか、あの「くすっ」としたり、「ふわっ」としたり、「ずんっ」としたり、
「あれ」がぜーんぶいのちなんだね」
「そうじゃな」
大好きなわんこは、ふーっと息をはいて背伸びした。

-“大好き9”へ続く-





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne