忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [238

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物語 手のひら2

(これは物語です)

『手のひら』2

あの朝にチラシを隅々まで読んだ私は、そこに書いてあった会社名と
電話番号を自分で操作出来るように工夫したスマートフォンに登録
していました。

「おはようございます」
「こんにちは」
「こんばんは」
私は、玄関の鍵が開いていつもの挨拶が聞こえる度に、小さくため息を
つくようになっていました。
ヘルパーさんがきてくれなければ、私の生活は成り立たないし、命に
だって繋がるということは十分に解っているつもりです。
だけど、ため息が出てしまうのです。

“アンドロイドヘルパーお試しキャンペーン開催中”
“あなたの望む支援で、あなたの時間はあなたのものに…。
あなたの心の疲れとイライラを私たちと一緒に減らしましょう。
あなたの支援データの登録で、あなただけのヘルパーさんに…。
開発中につき、今なら1週間、無料でお試し頂けます。
お気楽にご連絡下さい。”

私は、スマートフォンに登録した番号に電話をしました。
「お電話ありがとうございます、○○○でございます」
何度かのコールの後、柔らかな女性の声で応答がありました。
私は、何だかホッとして、迷いなくその声に言いました。
「アンドロイドヘルパーを利用したいのですが」
「はい、ありがとうございます、それでは、こちらから幾つかのご質
問させて頂いてよろしいでしょうか…?」
「はい」
氏名、性別、年齢、住所、電話番号、障害の程度、私がアンドロイド
の利用者本人か、現在どの程度の支援を受けているか、今回アンド
ロイドにどこまでの支援を望んでいるか、私は質問に応えました。

「アンドロイドに登録するためのあなたの介助方法などのデータが
必要なのですが…、よろしいでしょうか…?」
「あっ、はい」
「それでは、まず、あなたにお会いできますでしょうか…?」
「はい」
「居宅での支援と外出の支援をご希望でしたら、データの収集に2日間
必要になりますが、よろしいでしょうか…?」
「はい、大丈夫です」

ー“手のひら3”へ続くー








PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne