忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [238]  [237

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物語 手のひら1

(これは物語です)

『手のひら』1

私は、生まれた時から体に障害がありました。
おとなになった私は、1人暮らしを始めました。

私には、朝ベットから車いすに座るにも、着替えをするにも、
トイレをするにも、ごはんを作って食べるにも、外出するにも、
の中に入るにも、テレビを付けたり消したりするにも、車いす
からベットに寝るにも1日の全てのことに介助が必要です。
だから、私の家には、朝起きてから夜寝るまで交代でずっと
ヘルパーさんがきてくれます。
1人暮らし…?、そう、それでも私は、1人暮らしです。

“カチャ”、朝、玄関の鍵が開いて、私の家の中にヘルパーさん
が入ってきました。
「おはようございます」
ヘルパーさんが、私の寝ている寝室に入ってきて、まだ意識の
ハッキリしない私の着替えを始めてくれました。
『はぁ…』
私は、小さなため息をつきました。

着替えが終わって、ベットから車椅子に移してもらって、洗面所
で歯を磨いてもらって、顔を洗ってもらって、化粧水をつけて
もらった私は、朝食を食べさせてもらうためにリビングのテーブル
の前に連れて行ってもらいました。

ヘルパーさんがポストから持ってきてくれたテーブルの上のチラシ
の文字が、顔を洗ってもらって意識がハッキリしてきた私の目に
映りました。
“…ヘルパー無料お試しキャンペーン開催中”
『ん…?』
チラッと見えたその文字にとても心惹かれてしまった私は、
朝食の準備をしてくれているヘルパーさんに、そのチラシを私の方に
近づけてくれるようにお願いしました。

チラシは私の目の前に置かれ、その文字はハッキリ見えました。
“アンドロイドヘルパーお試しキャンペーン開催中”
「何だろう…?」
私は、声に出して呟いていました。

ー“手のひら2”へ続くー









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne