忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女のストーリー6ゆで卵

(これは物語です)

『ゆで卵』

彼女は、彼のためにゆで卵を作ることにしました。

ヘルパーさんが帰る前に、電気コンロとお鍋と生卵を2つ、リビングキッチン
のテーブルの上に置いてもらって、電気コンロのコンセントを入れてもらって
おきました。

「さぁ、作ろう~!」
彼女は、まず、テーブルの電気コンロの上にお鍋を乗せました。

それから、電動車椅子を運転して、シンクの所に行きました。
彼女が持ちやすいコップにお水を入れ、こぼさないように電動車椅子を運転して、
テーブルの所に戻って、そーっと電気コンロの上のお鍋に入れました。
『まだまだだなぁ…』
彼女は、この動きを何度か繰り返しました。

『よし、いい感じ』
お鍋のお水がいい感じの量になりました。
彼女は、次に電気コンロのスイッチを入れようとしましたが、もう一度シンクの所に
戻り、できあがったゆで卵をお鍋からすくうための網のおたまと、すくったゆで卵を
乗せるためのお皿を取ってきて、テーブルの上の電気コンロの横に置きました。

『よし!』
彼女は、いよいよ電気コンロのスイッチを入れました。
しばらくお鍋を覗いていると、お水に少しずつ泡が出てきて、そのうち大きな泡に
なって、お鍋の中でブクブクブクブクしだしました。

『湧いてきた!』
彼女は少しドキドキしながら、テーブルの上の2つの生卵をお鍋の中に入れました。

『え~っと、おばあちゃんに教えてもらったいい感じの半熟になる時間が…、
確か2分半だったな!』
彼女は時計を見ながら待ちました。

『よし!、今だ!』
彼女は、お皿をコンロに近づけて、網のおたまでお鍋の中でブクブク踊っている
2つのゆで卵をすくってお皿に乗せました。
「できた!」
大切な2つのゆで卵ができあがりました。

彼女は、お皿の上の2つゆで卵を愛おしく見つめました。
『彼、喜んでくれるかなぁ、おいしくできたかなぁ』
彼女は、ドキドキしながら、彼を待ちました。

“カチャ”玄関の鍵が開きました。
『あっ、きた…!』


-おわり-










PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne