忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[243]  [242]  [241]  [240]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女のストーリー4こころ

(これは物語です)

『こころ』

彼女は、彼とケンカをしてしまいました。
と言っても言い合いになった訳ではありません。
彼は興奮している彼女を見つめながら、何も言わないで、彼女の話をじっと
聴いていました。
彼女が怒ることになった理由は、「片付けておいて」と彼女が彼に頼んだ物が
どこにあるのかわからなくなってしまっていたことでした。
大したことではありませんでした。
だけど、その時の彼女は冷静になることを忘れてしまっていました。

『何であんなに怒っちゃったんだろう…』
興奮が治まった彼女のこころには後悔が流れてきました。 
そして、彼女は、興奮と怒りに支配されて、暴力的になり、大好きな彼に怒りを
ぶつけてしまったあの時のこころを覗きました。
「自分で、すぐ確認できないからはがゆいの!、ちゃんとしてて!」
あの時、彼女が彼に吐いてしまった言葉を、混乱していた彼女のこころは、
『体の不自由な私のこと、もっとちゃんと見ててくれるのが当たり前でしょ!』
そう変換してしまいました。
彼を愛しているのに、自分が彼にそんな気持ちを持っていることに彼女は
悲しみを感じました。

やがて…、彼女のこころは彼女に教えてくれたのです。
あの時に彼女が彼に吐いてしまった言葉は、彼を攻めたりするためのものでは
なく、『彼を愛する気持ちがあるから、彼に自分のはがゆさをわかっていて
ほしい』そんな気持ちが隠れていたことを…。

彼は、あのケンカの後も変わらない笑顔を向けてくれます。
『ありがとう…』
彼女のこころは幸せでいっぱいです。
そして、『愛しているのに気持ちをぶつけてしまう、愛しているからわかって
ほしい…。』彼女はそんなこころにも揺れています。


-おわり-





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne