忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショートストーリー11チョコレート

(これは物語です)

『チョコレート』

「はなちゃん、早くお部屋片づけてきなさい!」
「うん、もうちょっとだから」
はなちゃんは、何度ママに言われてもリビングで本を読んでいます。
「もう、ママお買い物から帰ってきちゃったわよ!」
「わかってる」
はなちゃんは、読んでいる本から目を離さないで応えました。
「ほら!、早く片づけないと晩ごはんなしよ!」
ママはとうとうはなちゃんの読んでいた本をとりあげてしまいました。
「なによ!、ママなんて大嫌い!」
はなちゃんは、外へ飛び出して行きました。

『ママなんて…!、何もとりあげることないのに…!』
はなちゃんは、プンプンしながら公園のベンチに座りました。

「はい、はなちゃん」
お買い物から帰ってきたママは、リビングで本を読んでいるはなちゃんの
手のひらにチョコレートを3つのせてくれました。
「ありがとう!」
はなちゃんはママの優しい笑顔にそう言って、チョコレートをスカートの
ポケットに入れました。
そして、また本の続きを読み始めました。
「はなちゃん、お部屋片付けた…?」
「まだ~」
「えっ、まだなの…?」
はなちゃんは、学校から帰ってきたら、ママがお買い物に行っている間に
お部屋を片づけるってママと約束していたのです。
だけど、はなちゃんは、リビングで、探していた本を見つけて、
『ちょっとだけ…』と読み始めて夢中になってしまい、ずっと読み続けて
しまうことになってしまったのです。

はなちゃんのお腹がグーっと鳴りました。
何となくスカートのポケットに手を入れると、あめみたいな形のちっちゃな
チョコレートが入っていました。
『あっ、ママにもらったチョコレート…』
はなちゃんは、チョコレートを包んでる紙をあめみたいにクルクルって
むいて、ちっちゃいチョコレートを口の中にポイっと入れました。
『うわ~!』
チョコレートは口の中でフワフワ溶けてとても甘くて、プンプンしてた
はなちゃんの気持ちにも優しくフワフワって溶けていきました。
「ママ…」
ママの優しい笑顔を思い出したはなちゃんは、凄くママに会いたくなって、
走ってお家に帰りました。

「ママ~、ただいま~」
はなちゃんは、お家に入ると、元気に言いました。
「はなちゃん…?、おかえりー」
ママの優しい声に迎えられてはなちゃんはホッとしました。
リビングに入ると、奥のキッチンでごはんを作っていたママがはなちゃん
の顔を見ながらいつもの笑顔で言いました。
「もうすぐごはんできるからね」
はなちゃんは、その優しい笑顔に心の奥ががフワッとして、少し泣きそうに
なりました。
「私、ちょっと、お部屋片付いてくる」
お部屋に向かったはなちゃんの後ろ姿にママが言いました。
「今日はね、ハンバーグよ!」

お部屋に入ったはなちゃんは、さっきまで読んでいた本を机の上に
見つけました。
はなちゃんのお部屋の片づけは、その本を大切に本棚にしまうことから
始まりました。


-おわり-















PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne