忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女のストーリー番外編2彼女の好きなもの9

彼女のストーリー番外編2


『彼女の好きなもの9』

彼女には、好きなものがたくさんあります。
彼女は、いつも色んな時間を楽しんでいます。

ストーリーを演じること

彼女は、中学生の時の文化祭で“シンデレラ”を演じました。
彼女一人で歌ったり、ピンスポットを浴びたり、引っ込み思案で人見知りの彼女
には考えられないことでした。
クラスの友達が彼女を主役“シンデレラ”に推薦した時、彼は、“いじめだ!”と
思いました。
練習が始まった時“歌えもしないのに、ピンマイクまで付けられて…”と何処かへ
逃げ出したい気持ちでした。
ところが、練習が進み、本番を迎える頃には、彼女は、みんなの前で演じること
が楽しくなっていました。
本番では、寄宿舎の先生に作ってもらった可愛い衣装を着て、舞台で一人、
スポットライトを浴びて、拍手をもらって、それまで感じたことのない幸せな
感覚が彼女を包みました。
生徒会の議長を努めたり、弁論大会に出たり…、その後の彼女は、人前で話す
ことに積極的になりました。

大人になった彼女が、自作の詩などを舞台で朗読したりするようになった頃、
“語り”に出逢いました。
民話や童話などを舞台などで語ります。
それぞれの語り部が様々な形でやっていますが、彼女は、自作の物語を語って
います。
朗読とは違い、スポットライトを浴びたりして、物語をマイクに向かって
演じる感じです。
“シンデレラ”の時の感覚が彼女に戻ってきます。


彼女のストーリー番外編2
〝彼女の好きなもの〟おわり












PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne