忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 僕のいもうと2

『僕のいもうと』2

私は、とにかくよく泣いていました。
「どうしたん…?、何かあったん…?」
「…、…、…」
「そうか~、ごはんまでみんなで散歩行こか!」
そんな時、お兄ちゃんは、いつものお姉ちゃんたちと一緒に近くのお寺まで
散歩に連れて行ってくれました。
お寺には売店があり、そこでみんなでお菓子を買って食べたり、お話したり
していると、泣いていたことなんて忘れてしまっていました。
「やっと笑ったな!」
笑顔になっている私を見て、お兄ちゃんは嬉しそうにそう言ってくれるのです。
「もう泣かんときや」
「ほんまや、せっかくかわいいねんから」
お兄ちゃんと、お姉ちゃんたちが私に、そんなことを言いながら、私の車椅子
を押して、寄宿舎に帰って行きます。

「あかん!、ごはん遅れる!」
「ほんまや!」
「ちょっと走るで!」
「うん!」
凄いスピードでお兄ちゃんが押し始めた私の車椅子を追いかけて走っている
お姉ちゃんたち、走る車椅子…、みんなの焦る気持ちをよそに、私はいつも
ワクワク楽しくなってきます。
『ジェットコースターみたい!』

-僕のいもうと3へ続く-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne