忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕のいもうと7

『僕のいもうと』7

学校を卒業した私は、体の不自由な人たちが、介護やリハビリを
受けながら生活する施設で暮らしていました。
施設に、他の施設の職員が研修に来られました。
二十歳を迎えていたのか、私は、研修生や実習生をうっとうしく
思っていました。

研修生の一人の女性が私の顔を見て、いきなり言いました。
「あなた、どこかで会った…?」
『何…?、下手なナンパみたい、会話のきっかけ…?』
私は、何も応えませんでした。
ところが、その女性は、何度も私に聞きました。
『もう、何…?、私、知らないんだけど…!』

実習が終わる前日、あの女性が笑顔で私に話しかけてきました。
「思い出しました、あなたのこと…!」
「●●くんが見せてくれた写真の子!」
それは、大好きなお兄ちゃんの名前でした。
「大きくなってたから、すぐには解らなくて…、私◎◎養護学校に勤めて
たんです」
お兄ちゃんが転校して行った学校でした。
「●●くんね、“可愛いやろ!、僕の妹やねん!”ってとても嬉しそうに
見せてくれたのよ!、写真の笑顔が印象に残ってて…、よかった
思い出して…、あなたに会えて…」

『お兄ちゃん、私のこと忘れないでいてくれたんだ!、ずっと妹って
思ってくれてたんだ』

-僕のいもうと8へ続く-










PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne