忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 サービス4

『サービス』4

「はい、今日はサービス!」
母親は、手取ったヤクルトのふたを開けて、私の小さな手に持たせてくれた。
「じゃあね、帰るからね」
母親は、まだションボリしている私の顔を覗き込んでそう言った後、
私を残して、食堂を出て行った。

「また来るからね」
幼かった私は、母親のそんな言葉も思い出し、寂しさでいっぱいだった心が、
何だか温かく嬉しくなっていくのを感じた。
その日のヤクルトは、とても甘かった。

“サービス”…、そうことかもしれない…。
どんなサービスも、“提供する人の心”、“受ける人の心”によって、どんな形
にもなるのかもしれない…。

“カチャッ”玄関の鍵が開いて、ヘルパーさんが入って来てくれた。
「おはようございます!」
「はい…」
まだ眠気に包まれたままの私に、新しい1日が始まった。

今日は、お昼過ぎには、彼がやって来る。
『一緒にお茶しに行こうかなぁ…』

-サービス終わり-












PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne