忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説 サービス2

『サービス』2

ヘルパーさんに介護に来てもらいながら、1人暮らしをしている私。
彼と旅行に行ったりデートをしたり、2人で過ごしている時には、
彼に介護をしてもらう。
ヘルパーさんと同じように、“やってもらっている”という意識はあり、
“ありがとう”という気持ちもあるが、何となく、ヘルパーさんとは違い、
“介護されている”という意識がない。
フワリとした気持ちのままだからなのか何なのか…。
彼からよく聞く言葉“愛情サービス”は、そういうこと…?
彼にそのことを伝えると彼も“介護をしてる”という感じはないと
応えしてくれた。
私が彼のその応えに“フワリとした気持ち”になったということは、
私にとってその応えは、“嬉しい”ということでしょう…。

『そういえば…、あの時だって…』
私の頭にふと幼かった頃の“ある場面”が浮かんで、動き出した。

-サービス3へ続く-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne