忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [141]  [140]  [139

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅱ天使の願い2

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅱ 天使の願い2


「君が一緒なら大丈夫だよ…!」
「えっ…?」
「もう、決めたんだ!」
「そうなの…」
「ミーメ、一緒に行ってほしいんだ…!」

ミーメは、その時、彼の瞳がとても輝いていることに気づきました。
彼のその瞳には、力強い光が宿っていました。
彼のその笑顔は、ミーメがとても好きな笑顔でした。

「ええ、一緒に神様にお願いに行きましょう…!」
「ありがとう…!」

ミーメは、ジュナのこの笑顔をいつまでも見ていたいと思いました。

『彼の心が少しでも楽になりますように…、彼の悲しみが少しでも癒やされますように…』

ミーメの心は、いつのまにか、不安よりも願いでいっぱいになっていました。

「きっと大丈夫よね…!」
「ああ…、僕たちが天使に生まれることも神様がお決めになったのだから…!」
「そうよね…!」

ジュナとミーメは、子供の頃のように金色の光の中、手を繋いで神様のところに向かいました。
ジュナには、“エデン”の向こうまで飛び続けるのは困難なことでしたが、
ミーメと手を繋いでゆっくりと飛ぶことで、遠く遠く“エデン”の向こうまで
飛んで行くことができると信じていたのです。
ミーメとジュナは、希望と願いを抱いてゆっくりと飛んで行きました。


-“Ⅱ天使の願い3”へ続く-







PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne