忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[146]  [145]  [144]  [143]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな羽根Ⅰ小さな羽根の天使8

(これは物語です)

『小さな羽根』


Ⅰ 小さな羽根の天使8


「ねぇ、ジュナ…、あなたは泣いたことないの…?」
「いや…、子供の頃には泣いたよ」
「私、あなたの涙、見たことないわ…」
「ミーメと出逢う前かなぁ…」
「今は泣かないの…?」
「ああ…」
「どうして…?」
「悲しいことがたくさんあって、泣いたって仕方ないって思ったら、いつの間にか…、泣けなくなってたんだ…」

ミーメは、自分の鼓動が聞こえそうなほど、ドキッとしました。

ジュナが一度だけ、ミーメに涙を見せたことがあります。
それは、ミーメがジュナの苦しみ、悲しみを見ていることに耐えられなくなり、ジュナの元を去うとした時です。

「私、もう、あなたを見ていることが耐えられないの…」
「…、ミーメ、ずっと一緒にいてほしいんだ…!」

ミーメを見つめるジュナの瞳からは涙が零れ落ちました。
初めてジュナの涙を見たミーメはその時、ジュナが自分を必要としてくれていることを本当に理解し、彼に二度と涙を流させてはいけないと心から思いました。

「ごめんなさい…、もう、泣かないで、私、ずっと一緒にいるわ…」
「ありがとう…」

ジュナは笑顔を見せてくれました。
ミーメは涙を流しながら、ジュナの笑顔を見つめました。

「子供の頃、約束したもの、私がずっとあなたを守るって…」
「ありがとう…、僕もミーメを守りたい…」


ー“Ⅰ小さな羽根の天使9”へ続くー






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne