忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『大腸がん検診』3

2013.2.1
童話や小説、詩を書くのが好きな私は、作ったお話を編集して小さな冊子に
したり、いつかまた冊子にするためにファイリングしていました。
ところが、一人暮らしを始めて、生活のこと、介護のことなどで精一杯で
書くことをできないでいました。
「落ち着いたらゆっくり書こう」
そう思っているうちに今度は体に二次障害が出てきてしまい、字を書いたり、
パソコンのキーボードを打つことがうまく出来なくなってしまいました。
何とか自分で文章が記せるようにと考えて、パソコンのように使える
w-inds.phoneを見つけました。
「これでいつでも書けるし、いつかもう少し落ち着いたら…」
そう思いながら、結局、新作は一つも書けていません…。
頭の中ではストーリーが幾つか出来ているので、いつかそれを形にしよう
と思っていました。
「いつかは…、いつかは…、」
そして、今度は再検査…。
自分にはずっとこの世界が続いていくものだと錯覚していたのでょうね。
きっと…。『時間が突然奪われる』その状況になった時に後悔したり
するんですよね。
「いつかは…、いつかは…」
を繰り返してきたことを…。
私は、今、とても後悔しています。だから、私に少しでも時間が
戻ってくるのなら、残された時間のかぎり、この頭の中にある物語を
たくさん形にしていこうと、大切な人に伝えたいことは精一杯に伝えよう、
たくさんたくさん話をしよう。
「また明日はもうやめよう」
そんなことを考えました。

2013.2.2
ヘルパーさんには、こちらから支援をお願いしています。だけど、
もしかしたら、入院などをしなくてはならないのではと思っている私は
『それまでにできるだけたくさんのことを書いておきたい』
と思っています。もし入院してベットに寝かされたら、文字は
打てなくなります。だから、検査結果がでるまでに、書きかけのブログ、
書きたい物語、できるだけたくさん書いておきたいのです。
だけど、ごはんを食べる時間、寝る時間、着替える時間、トイレをする
時間の生活の時間は必要です。彼とおしゃべりする時間も大切だし…、
やっぱり、お出かけする時間も…。そう思うと文字を打つ時間は
全然足りません…。支援時間はわかっているし、ヘルパーさんの支援が
あって生活していけるのです。それもわかっているつもりです。
だけど、ヘルパーさんの時間になると、文字を打っていて調子がいい時も、
もうちょっとで打てるという時もとにかく、打ち切らなければなりません。
今のように一分一秒でも時間がほしい私には、それがとてもキツイのです。
文字を打っていて玄関がカチャッというとわかっていても
「あ~あ…」
と思ってしまうのです。だけど時間通りならそれは仕方ありませんが
『ちょっとぐらいはいいだろう』と思ってしまうのか、5分や10分
早く入って来られるヘルパーさんもおられます。そんな時は泣きそうに
なってしまいます。
その5分や10分はちょっとぐらいではなく、私には大切な時間なのです。
これは勝手なわがままなのでしょうか…?

2013.2.3
薬を続いてぬり始めて、一週間以上が経ちました。便を出す時に痛く
感じることが少なくなりました。でもこの状態でも結果が
変わらなかったら…と不安にはなってしまいます。ちょっとお腹が痛く
なったらまた不安になったりします。だけど、彼と話したりしていると
「何でもないのかなぁ…」
とも思えてくるのです。こんな感じの繰り返しです。

2013.2.4
わたぼうし音楽祭の作品募集が届きました。
入選すれば、音楽祭の舞台に立てるのです。
障害を持つ人の詩や歌を募集して入選作品の8曲を音楽祭で発表し、
大賞、各賞などが決まります。
いつもは、その時期になっても
「いつか応援できるような詩ができたら応募しよう」
と思い、していなかったのですが、今年は応募しようと思っています。
締め切り日は2013.5.24、早めに出そうかな。

2013.2.5
彼と喧嘩をしてしまいました。『私の心に余裕がなくなっていたの
だろう…』と落ち着いてきて思いました。
彼が長い時間文章を打ち続けている私の身体を心配して怒ったことは、
分かりすぎるほどでした。
「また肩痛くなって、首痛くなって、咳が出て、具合が悪くなったら
どうすんねん!」
そう怒る彼に
「でも!、これ今のうちに打ってしまいたい…」
と言いかえしました。
すると彼は
「人間はそんなに簡単に死なへん!、お前にはまだこの世でやらな
あかん仕事があるんや!、まだ死ねへん、大丈夫やし!」
私は少しびっくりして何も言えませんでした。
「文章はなんぼでも打ったらいいけど、もっと自分の身体大事にして!、
俺はお前の体が心配やねん!」
彼のことや彼の思いをずっと忘れずにいたいと思いました。
そして、私は、そんな彼に
「ごめんね…」
を言いました。

2013.2.6
不思議と気持ちの落ち着いた日でした。
再検査のことなんかなかったみたいな…。
彼に私が書いた小説を見せたり、高校生の頃の友達のことを話したり、
昔の彼氏のことを話して彼がやきもちをやいたり…。
こんな日々が長く続いてほしいな…。

2013..2.7
薬を続けてぬり始めて、10日あまりが経ちました。
「そろそろ…」と思い、別の胃腸科クリニックにもう一度検便をして
もらえるようにお願いに行きました。
もう一度、便を出すところからのスタートです。
かかりつけの先生は内視鏡検査は
「慌てなくても…、3月か4月頃でも…」
と言ってくださったのでもう最初からやってみます。
結果が判るのは検便を出してから2.3週間後だそうです。
それでまた駄目だったら覚悟を決めて、内視鏡検査をします。
諦めて、下剤を飲みます。

ー大腸がん検診4へ続くー






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne