忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「私、再生…。」6

それから2年余り、私のスマートフォンライフは順調に続いていました。
ところが、ある日、充電時にスマートフォンの充電中を示すランプが点灯
しにくくなり、ちゃんと充電ができているのかが分からなくなりました。
もしもちゃんと充電できていないのなら大変と、ショップに持って行き
見てもらうことにしました。
とは言っても私が外出したいと思っても、すぐには出来ず、外出したいと
思う日の何日か前にヘルパーさん、友達といった一緒に外出してもらえる人を
お願いしなければなりません。
「もし、このスマートフォンが突然使えなくなったら、外部と連絡をとる
ことも、文字を打つこともできなくなる」
すぐにショップに持って行きたくて、外出てきるその日まで、焦る気持ちで
いっぱいでした。
数日後、やっとショップに行ける日がやってきました。
30分ほど待って私の順番がきました。カウンターの前について店員さんに
スマートフォンの状態を話しました。すると店員さんは
「故障の箇所などを調べますので、少々お待ちください」
と奥にスマートフォンを持っていかれました。
その時間はとても長い時間に思えました。
しばらくして、店員さんがスマートフォンを持って、奥から戻って来られ
ました。そして、
「やはり、充電口が故障しておりまして…、充電器との接触が悪くなって、
充電ができにくくなっていますね…」
「そうなんですか…!」
このスマートフォンの持ち主の私ではなく、一緒に来てくれた隣に座って
くれていた人に向かって話している店員さんに少し大きめの声で
そう言葉を返しました。
店員さんは、今度はちょっと私の方に向かって
「修理に出されますか…?」
と聞かれました。
「修理に出したら返って来るのにどれくらいかかりますか…?」
店員さんからは何でもないようにサラリと
「2週間ほどですね」
という言葉が返ってきました。
「えっ、そんなに時間がかかるんですか…?」
凄く焦って聞き返しました。
「ええ、そうですねぇ」
さっきと同じく何でもないように言葉は返ってきました。
「そんなにこのスマートフォンがないと困るんですが!!」
強くそう訴えかける私にさっきよりもっと落ち着いた様子で
「故障されているので、修理された方がいいと思いますが…、代替え機は
お貸しできますが…」
と言ってくれました。
「そうですよね、修理はしたほうがいいですよね」
「ええ」
店員さんの相づちの後
「今使っている機種しか使えないんですが、同じ機種を貸して頂けますか…?」
と聞いてみた私に
「在庫があればお貸しできます」
とまたまた何でもないように応えてくれました。
私は、在庫がなかったら大変だなぁ…、どうしよう…と思い
「そうですか…」
と小さく応えて黙ってしまいました
「一度在庫を確認してきますね」
店員さんはそう言ってまた奥に行き、私は在庫があることを願いつつ、
店員さんが戻ってくるのを待つことになりました。

-「私、再生…。」7へつづく-





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne