忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[253]  [414]  [413]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物語 手のひら7

(これは物語です)

『手のひら』7

朝いつもの時間に目を覚ました私は、ミュウさんに声をかけました。
ミュウさんは、寝室の扉を開けて入ってきました。
「おはようございます」
ミュウさんがあの柔らかな笑顔で扉を閉めながら言いました。
「お目覚めになられましたか…?」
「はい、おはようございます」
「では、起床の支援を始めさせて頂いてよろしいでしょうか…?」
「はい、お願いします」
私は心から目覚め、1日を気持ちよくスタートすることができました。
『こういうことだったのかもなぁ…』
ミュウさんは、また手際よく支援を進めました。

その日のお昼の支援で、ポータブルトイレに座らせてもらった時、
少しお尻の位置がズレていて痛みを感じてしまいました。
私は、掃除をしているミュウさんに声をかけました。
「ミュウさん…、体を持って、お尻をもう少し左にズラして下さい」
「はい…、このくらいですか…?」
「もう少し…右に…」
「はい…、このくらいですか…?」
「はい、それくらいで大丈夫です」
お尻の位置はベストな位置に収まりました。
ベットから車椅子に移動してもらった時も同じように、お尻の位置を
ベストに直してもらいました。

ベットでの洗髪の支援の時、シャンプーをつけた後、頭をこする加減
が物足りなくて、頭を洗っているミュウさんに声をかけました。
「ミュウさん…、もう少し強くこすって下さい」
「はい、このくらいですか…?」
「痛たた…、もう少し…、弱くこすって下さい」
「はい、すみません、このくらいですか…?」
「はい、それくらいで大丈夫です」
ベストな加減になりました。

ある日の夕食にまたラーメンを作ってもらいました。
「ラーメンが食べたいです」
今度はそう伝えてだけで、あの日と同じラーメンを食べられました。

ポータブルトイレのお尻の位置も、車椅子のお尻位置も、洗髪の時の
頭をこする加減も、ベストになった日から、いつもベストです。
あらかじめ登録されていたこと以外にも、細かいことのベストが
増えていきました。

ミュウさんの支援は、支援の前の確認も、支援開始のタイミングも、
支援中のリズムも、支援終了のタイミングも、私の空気感に合って
いて、決して私の時間に食い込んでくることもなく、私は、支援中
は“支援の時間”として、気持ちよく受けることができました。

そして、1度登録されたことは、いつも完璧にこなすミュウさんは、
私にベストなヘルパーに成長していきました。
もちろん、支援中に恐怖などは、全く感じることはありませんでした。

ー“手のひら8”へ続くー











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne