忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[255]  [415]  [254]  [253]  [414]  [413]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショートストーリー13どろぼうさん

『どろぼうさん』

傘立てには5本のビニール傘が立ててあります。
その日は、朝は晴れていたのに、夕方に急に雨が降ってきました。
冷たい雨でした。

男の人が一人、傘立ての所に走って来ました。
そして、ビニール傘をさして行ってしまいました。
この人、実は、傘立てに傘を立ててはいませんでした。
この人は、傘を持って来てはいなかったのです。
「夕方ぐらいから雨が降ります」
そう伝えていた天気予報を聞き逃していたからでしょう。
だけど、雨に濡れるのが嫌で傘立ての一番手前に立ててあった誰かの
ビニール傘をさして行ってしまいました。
「みんな同じビニール傘だ、持って行ってもわからないだろう」

次に女の人が傘を取りに来ました。
この人は、天気予報を聞いて、ちゃんと傘を持って来ていました。
「あら…?、私、一番手前に立てたわよね…?」
その人は、ちょっとそう思いながらも、二番目の所に立ててあった
ビニール傘をさして行ってしまいました。
「誰かが動かしたのかも知れないわ、みんな同じビニール傘だし」

次にまた違う男の人がやってきました。
この人も自分のビニール傘を取りに来ました。
「あれ…?」
その人もやっぱり少し思いながら、みんなと同じビニール傘をさして
歩いて行きました。

こうして、傘立てに自分のビニール傘を立てていた四番目に来た人も
五番目に来た人も、同じビニール傘をさして行ってしまいました。

傘立てのビニール傘は、もう一本もなくなりました。

しばらくして、男の子がやって来ました。
「あれ~、僕の傘がない、どろぼうさんがいたのかなぁ…?」
男の子は、ママに教えてもらって、ちゃんと傘を持って来ていたのに…、
仕方なく、冷たい雨に濡れながら走って帰りました。

どろぼうさんはいましたよね!
さて、どろぼうさんは、天気予報を聞き逃して、傘を持って来て
いなかった男の人だけだったのでしょうか…?


-おわり-








PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne