忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無題

8月3日、近畿車椅子ツインバスケットボール大会が西宇治体育館で行われました。
 私は、今までに車椅子ツインバスケットを見たことがなくて、一度試合を見てみたいと思っていました。だから、何日も前からこの日がくるのを楽しみにしていました。
 その日は、ピースフルリンクからのお手伝いということで、大会の開会式、閉会式のアナウンスをさせてもらうことになっていて、会場に着いて、まず、アナウンスの練習をして声を出していました。緊張などは全くしていなかったはずが、練習をしているうちに少しずつ緊張してきてしまいました。



本部席に座って、開会式の始まる直前には、初めての会場の雰囲気にもっとドキドキしてきました。ピースフルリンク職員の井上さんがサポートしてくださって、マイクのスイッチが入り開会の第一声「ただいまより…」の自分の声が会場に響いて、少しずつドキドキが小さくきて、マイクに向かってゆっくりと自分の声を聞きながら落ち着いてアナウンスをすることができました。

開会式のあとは試合の応援、初めて見るツインバスケットにとてもワクワクしました。
最初はルールなどが解からずに、一緒に観戦している人たちに「今のなに…?」「どうなったん…?」「今のなんで点が入らへんかったん…?」と聞いてばかりでしたが、試合が進むにつれてだんだんルールも理解でき、一生懸命に声援をおくっていました。
 高いところのゴールにシュートする選手、低いところのゴールに遠くの方からシュートを決める選手、低いところのゴールに近くから精一杯に腕を伸ばしてポールを入れる選手、それぞれに合わせたゴールがあり、チームが持っている力を合わせて戦っていることが見ていてとても伝わってきました。そして、車椅子同士が凄いスピードでぶつかり合う場面や音は迫力があってびっくりしました。ボールがないところでもマークし合ったりブロックし合ったりの戦い、ぶつかり合いもかっこよくて歓声をあげていました。



すべての試合が終わって、今度は閉会式のアナウンスをさせてもらいました。会場の雰囲気にも慣れたからなのか、最初の開会式の時とは違い緊張はしていませんでしたが、試合終了後に原稿に追加された「優勝チーム」「準優勝チーム」を言い間違えないように…、と、また少しだけドキドキしました。そして、閉会式の最後の言葉「…解散」を言い終えて、やっぱり、とてもほっとしましたが、気持ちいい緊張感が嬉しかったです。
初めて見た車椅子ツインバスケットにワクワクして、アナウンスのお手伝いにドキドキしていた一日でした。とても楽しかったです。





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne