忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女のストーリー番外編1彼女のひとり暮らし2

『彼女のひとり暮らし2』

彼女には生まれた時から体に障害があり、車椅子で生きています。
彼女は、ずっと長い間ひとり暮らしがしたいと思っていました。

20歳

施設の中の彼女は、友達が大阪府でスタートした“介護人制度”を
利用してのひとり暮らしを考えていることを聞きました。
この制度は、“利用者本人が誰か個人に生活介護や外出介護をお願いして、
介護に入ってもらった時間を大阪府に申請し、時給で計算された介護料が
利用者本人に支給され、その介護料を介護者に支払う”というものでした。
その制度には、時間数の制限などはありません。
『私にもできるかも!』
彼女も成人式を迎えました。
“自分で時間を決めたり、自分で生活を組み立てる、若いうちにそんな生活
がしたい”彼女の心は盛り上がっていました。
毎日友達に様々なことを聞いていました。

彼女は、様子を窺うように、母親に制度の話や友達の話をしてみました。
「そんなん、上手いこといく訳ないわよ!あんたはそんなこと考えてない
やろね!」
母親は、既に怒っていました。
考えて考えて、まだ母親と戦う力がないことに気づきました。

彼女は、ひとり暮らしを諦めてはいませんでした。
『いつかは、きっと…!』


彼女のストーリー番外編1
〝彼女のひとり暮らし3〟へつづく











PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne