忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女のストーリー番外編1彼女のひとり暮らし4

『彼女のひとり暮らし4』

彼女には生まれた時から体に障害があり、車椅子で生きています。
彼女は、ずっと長い間ひとり暮らしがしたいと思っていました。

26歳

施設で8年暮らしていた彼女は、入所が許されている年数を超えてしまって
いたため、今後どうするのかと施設から聞かれるようになっていました。

彼女は、ひとり暮らしを実現させようと、仲のいい友達と計画を進めていました。
友達が介護者の中心になって、学生さんや知り合いにボランティアで協力
してもらう形で生活を作っていこうと話をしていました。
彼女の親には、もう少し形になってから話すことにしていました。

施設の職員さんと彼女と家族で今後のことを話し合いました。
「施設から施設は、イヤやからひとり暮らしがしたい!」
彼女の希望に家族は反対で、母親が、家族が介助できるうちに家に帰ってきて
は…?と提案しました。
彼女はある考えを巡らせて、母親の提案を受け入れました。

謝る彼女に友達は言ってくれました。
「あんたの人生なんやから、後悔せんようにしたらええねん、私はあんたを
応援したかったんやから…、あんたが決めたんやったら私も応援するわ!、
また何かあったら言うてな!」
彼女は、施設を出て家に帰りました。

彼女は、ひとり暮らしを諦めてはいませんでした。
『いつかは、きっと…!』


彼女のストーリー番外編1
〝彼女のひとり暮らし5〟へつづく







PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne