忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショートストーリー2

(これは物語です)

『おうち』

パパとママとぼくが遠い町の新しいおうちに行く日…。
パパとママは朝から忙しそうにバタバタしている。
「早く片づけなさい!!」
と何度もママの声が聞こえてくる。
だけど、ぼくは、寂しい気持ちでいっぱいで涙が出そう…。
体が思うように動かなくて、片づけなんてできないよ…。
片づけが終わったら、トラックに荷物を乗せて、
ぼくの大好きなおうちとさよならしなきゃならないんだもん。
寂しいよ~。だって、ぼく、ずっとここにいたんだよ…。
ぼくがボールをぶつけて穴があいちゃって、ママに怒られたところも、
ぼくがくれよんで落書きしたところも、みんな覚えてるよ…。
パパとママは寂しくないのかなぁ…?

ママがぼくのところにきて、片づけを手伝ってくれている…。
淋しくて、泣きそうなぼくをおいてけぼりにして、
どんどんおうちにはなにもなくなっていく…。
まるで、ここには誰もいなかったみたい…。
ぼくのおもちゃを入れた箱が運びだされて、
おうちにはな~んにもなくなった…。そこだけ時間が止まっちゃったみたい…。
ぼくはもっともっと寂しくなって、とうとうずっと我慢していた涙がこぼれだした…。

そんなぼくの顔をママはのぞきこんだ。
「どうしたの…?、寂しいの…?」
「うん…、ママは寂しくないの…?」
「そうね…、ずっといたおうちだもんね…、寂しいよね…」
「うん…」
「だからね…、おうちに、ありがとうってちゃんと言わなきゃね」
「うん…」
「それでね、ぼくが大きくなったら、またこのおうちに会いにおいで!!」
「えっ…?」
「そしたら、おうちはきっと、優しく向かえてくれると思うわ…」
「ぼくが大きくなったら…?」
「そう、おうちはずっとここにいるから…」
「ずっと…?」
「そう、だから、このおうちで過ごしたこと忘れないでいてあげてね」
「うん、ぼく、ずっとわすれないいよ」
「そう、よかった!!、ありがとう、またくるねって元気にお別れしてあげてね!」
「うん!!」
ぼくは、涙をふいて車の窓から、ずっと一緒だったおうちにお別れをした。
「ありがとう!、忘れないよ!!」
ぼくのおうちが『またねっ』って言ってくれてた。
「いつか、また会いにくるからね!!」
ぼくは、おうちに手を振った。
ぼくとパパとママはおうちの中から運びだされた荷物と一緒に新しいおうちに向かった。


-おわり-






PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne