忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショートストーリー1

(これは物語です)

『サンタクロースへのプレゼント』

ー少女は、コートを着た1人のおじいさんに、声を掛けました。ー
「すみません、ジャングル公園は、どこですか…?」
『えっ、あっ、いや、知らんのじゃが…』
ーおじいさんは、驚いて、少女を見ました。ー
『あんた、ひょっとして、わしが見えるのか…?』
「えっ、“見えるのか”って…?」
ー少女は、おじいさんの言葉に立ち止まりました。ー

『いや、実は…、わしは、サンタクロースなんじゃよ』
「えっ、おじいさんが…?、ほんとに…?」
『信じてもらえんよな…』
「あっ、違うの、サンタクロースって、ほら、赤い服と帽子で…」
『近ごろ、信じない者が多いからな』
「だから、どんな格好をしていてもいいって…?」
『そうじゃな…、わしらは、わしらを信じる者にしか見えんからな…』
「だから、赤い服も帽子も着てないの…?」
『まぁ、そういうことかな…』

「今日はクリスマスよ、プレゼントは…?、トナカイのそりは…?」
『今は、もう、わしらのプレゼントを欲しがる者はおらんよ、最近は、
飛行機も飛んで、そりは危なくてしょうがない…』
「そうなの…?」
『わしがそりでプレゼントを配るより、航空便の方が早いじゃろ…』

「でも、クリスマスの主役は、サンタクロースじゃないの…?」
『クリスマスはな、生まれた命を祝う日なんじゃよ』
「知ってるわ、そうよね…」
『近ごろは、誰もが、忘れとるようじゃがな』
「そうね…、街はカップルで溢れて、道路はあちこち渋滞だらけで、
ホテルはカップルたちの予約でいっぱい…、おまけに、
クリスマスに恋人がいないと、世の中に置いて行かれたみたいで、
その日の為に恋人を探したりして…『そうじゃな…』
「でも、やっぱり、クリスマスにサンタクロースがいないと淋しいわ」
『ありがとう…、嬉しいよ』

「私ね、サンタクロース信じてるって言ったら、笑われるの」
『そうか…』
「私、サンタクロースに会ったってみんなに言うわ」
『みんなは、信じてくれんかもしれんよ…』
「大丈夫よ、今日、おじいさんとお話したことを教えてあげれば…、
そうしたら、みんなにもサンタクロースが見えるようになるでしょ!」
『そうじゃな!』
「ちゃんと赤い服に帽子のサンタクロースでいてね!」
『わかった!、ありがとう、わしも信じてみることにするよ!』
「私、きっと、おじいさんに、たくさん信じる心をプレゼントするわ!」
『もうもらったよ、あんたの信じる心をな!』
「私も、もらったわ、おじいさんにプレゼント」
『えっ、わしは、まだ何も…』
「クリスマスにサンタクロースに会えるなんて最高のプレゼントよ!」
『そうか、ありがとう!』
「とってもうれしいわ!」
『わしもじゃよ!』
「きっと、また会えるわよね…?、私たち」
『ああ、わしも、そう願っているよ…!』

「またいつか…、ね!」
『ああ…、またいつか…、じゃな!』

「サンタクロースさん!、メリークリスマス!」
『ありがとう…、メリークリスマスじゃ!』


-おわり-





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne