忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女のストーリー14ボコボコ…、ボコボコ…

(これは物語です)

『ボコボコ…、ボコボコ…』

彼女は、まだ真っ暗な部屋のベットの上で目を覚ました。
ベットの横にある窓の外からは、激しい雨の音に混じって
“ガヤガヤ”と人の声が聞こえます。
『何だろう…?』
“ボコボコ…、ボコボコ…”
お風呂場の方から異様な音が聞こえてきます。
『えっ…、何…?、排水口…?、水、溢れてんの…?、何で…?』
彼女は、団地全体に放送されてる声に気づきました。
「…ました、避難して下さい…!」
『えっ、避難って…、何がおこってんの』
雨の音と、反響している音の広がりで、放送の内容がよく
聞こえませんでした。
『え~、どうなってんの~、何がおこってんの~』
真っ暗な家の中には彼女一人、それを彼女に教えてくれる人は
いませんでした。
“ガラガラガラ…、ゴロゴロゴロゴロ…”
リビングの方から物が動くみたいな音が聞こえ出しました。
ベットの上で体を動かすことのできない彼女に徐々に解ってきた
ことは、“自分は何か避難をしなければいけない危険な状況にある
けれど、誰にも気づかれていないかも知れない”ということでした。
『大きな声を出し続けたら、誰かが気づいてくれるかもしれない!』
今、自分を助けるための唯一の手段は、声を使うことでした。
「ワー!、ワー!、ワー!、ワー!、ワー!ワー!、ワー!…」
彼女は、一番大きな声が出せそうな発音で声を出し続けました。

『ああ…、ダメだ…、人間てこうやって死んで行くんかなぁ…』

“ドンドンドン、ドンドンドン、ドンドンドン”
「大丈夫ですか~!」
どれくらい経ったのか…、ドアを叩く音と声に彼女は応えました。
「大丈夫なんですが、何がおきているのかわからないんです!」
「鍵は開けられますか…?」
「私、ベットの上にいるんですが、自分で動けないんで、鍵を開けに
行くことができないんです、何がおきてるんですか…?」
「ちょっと待って下さいね」

彼女がここにいることに誰かが気づいてくれました。


-彼女のストーリー15
『コワイー!コワイー!コワイ…!』へつづく-













PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne