忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼女のストーリー13フルコースディナー

(これは物語です)

彼女はスカートをはいて、彼はスーツを着て、いつもよりもおしゃれ
して出かけました。
彼女と彼は、ホテルのフルコースディナーに…。

「いらっしゃいませ、お待ちしておりました、こちらのお席へどうぞ」
ボーイは、車いすの彼女のために、テーブルの椅子を一つ抜いてくれました。
「ありがとうございます」 
二人は、とても気持ちよくテーブルにつきました。
テーブルには、ナフキンとナイフ、スプーン、フォークが二人分置かれて
いました。

注文した飲み物が運ばれてきました。
彼が二つのグラスを合わせて、一口飲んだあと、彼女の前に置かれたグラスを
彼女の口元に持っていき、彼女にも一口飲み物を飲ませてくれました。
「ああ、おいしい!」
彼女が言いました。
「そうか~」
彼は彼女に笑顔を向けて言いました。

何皿かの前菜が順番に運ばれてきました。
ボーイは、新しい料理をテーブルに置く度に料理の説明をしてくれました。
彼は、自分と彼女にナフキンをかけながら、彼女に料理の説明をして、
自分の前の料理をナイフとフォーク、スプーンを使って食べて…、
彼女の前の料理をナイフとフォーク、スプーンを使って彼女に食べさせて
くれました。
「これ、すごくおいしいね」
「うん、おいしいな」
「これ、なんやろな…?」
「トリフや」
「えっ、すごーい!」
「あっ、これ、ウニ入ってる!、おいしい…!」

前菜のお皿たちが片付けられ、スープが運ばれてきました。
スープのお皿には、透明な紙に包まれた薄いグリーンのスープがのっていて、
別に大きなクルトンがのったお皿が運ばれてきました。
「エンドウ豆のスープでございます、こちらのスープのお皿の紙を開いて
頂きまして、こちらのクルトンを入れてお召し上がり下さい」
ボーイが説明してくれました。
彼が自分の前のスープの紙を開いて、クルトンを入れて、スープをスプーン
ですくって飲みました。
「おいしい…?」
「うん、ちょっと熱いけど、おいしいな」
彼は、彼女の前のスープの紙を開いて、クルトンを入れて、スプーンを
使って彼女に飲ませてくれました。
「熱っ、これ、紙で冷めにくくしてあるんやわ!」
「そうか~、おいしいやろ」
「うん、おいしい!」

メインのお肉が運ばれてきました。
「やらかくておいしい…」
「うん」
彼は、彼女の前のお肉をナイフとフォークを使って食べさせてくれたあと、
自分の前のお肉を食べ始めました。
『何てきれいに食べる人なんやろう…』
お肉をナイフで切って、フォークを使って食べる彼を見て、彼女は思いました。
彼のナイフとフォークを使う姿、その手の動きは“スー、スー”と美しく
見えて、彼女は見とれてしまいました。

何種類かのおいしいデザートを食べて、二人で紅茶を飲んで、フルコース
ディナーの時間は終わりました。
「おいしかったね!」
「そやな!」


-おわり-





PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne