忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショートストーリー23その時は聞いてみよう!

『その時は聞いてみよう!』

青空が見える
体がどんどん青空に近づいて行く
何か強い力で体が上へ上へと…
どんどんどんどん引っ張られて行く

体の周りが全て青になった
青空の中に入ったのだろうか…?
それでもまだ体は上へ上へと…
どんどん引っ張られて行く

もう青しか見えなくなった
体を引っ張るその力がだんだんゆる~く
だんだんだんだん優しくなってきた
何だかふわふわふわふわ気持ちよ~く
心地よ~くなってきた
それでも体はまだ上へ上へと上がっていく

「このまま上へと上がったらどこに辿り着くのだろだろう・・・?」
ボンヤリする頭にそんな言葉が浮かんだ

優しく微笑んでいる何かが見えた
「何…?、神様…?」
ボンヤリする頭にまたそんな言葉が浮かんだ
見えた何かはこちらを見てゆっくり頷きながら微笑んだ

体を白い光が包んだ
力強く猛烈なスピードで体が下へと引っ張られた
白い光が消えていくのを感じられた
同時に懐かしい感触が体を受け止めた
何となく懐かしい匂いが嗅覚を刺激した
だんだん意識がはっきりしてきた

ゆっくりと眼を開けた
体はいつもの部屋のベットの上に寝ていた
「夢か…?」
強い力で上へ上へと引っ張られる時の感覚と
上へ上へとゆっくり上がっている時の感覚と
猛烈なスピードで白い光に上へ引っ張られる感覚と
全てがこの体に残ったままだった

「あのままずっと上へ上へと上ったらどこに辿り着いた…?」
いつかまたあの優しい微笑みに出逢うことができたら
その時は聞いてみよう!


-おわり-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne