忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[131]  [128]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショートストーリー6

(これは物語です)

『バレンタインデー』

はなちゃんは、最近元気がありません。ママが「どうしたの…?」
って聞いても小さく「何でもない…」って答えるだけでした。
実は、はなちゃん、仲良しのゆいちゃんとちょっとケンカを
してしまったのです。もう3日ゆいちゃんとお話していません。
『何でケンカしちゃったんだっけ…?』考えても思い出せません。
ただ2人で「大きらい!もう一緒に遊ばない!」と言って泣いた
ことは覚えています。
『あっ!、ゆいちゃん』朝、幼稚園に着いてゆいちゃんを見つけても、
いつものように「おはよー」と言って駆け寄っていくことができません。
『大きらいって言っちゃったもんなぁ…』そう思うと体が固くなって
声も出なくなってしまうのです。ゆいちゃんもはなちゃんをチラッと
見ていますが、どちらとも駆け寄ったりはしませんでした。

その日、はなちゃんはママとお買い物にいきました。
お店にいっぱい並んだチョコレートを見てはなちゃんは、
はなちゃんが今よりもうちょっと小っちゃかった頃にママが
教えてくれたことを思い出しました。

「ねえ、ママ、どうしてチョコレートいっぱいあるの…?」
「今日はね、バレンタインデーだからよ」
「バレンタインデーって…?チョコレートの日…?」
「大好きな人にチョコレートをあげて大好きな気持ちを伝える日よ」

『あっ!』
はなちゃんは笑顔になってママにお願いしました。
「ママ、チョコレート買って、可愛いリボンも付けてもらってね!」

ママは、はなちゃんの笑顔とお願いの理由(わけ)を次の日の朝、
幼稚園で知りました。
はなちゃんの笑顔と、駆け寄ってきたはなちゃんのチョコレートを
嬉しそうに「ありがとう」って受け取ってくれたゆいちゃんの
笑顔と一緒に…。二人はいつものように手をつないで走って行きました。


-おわり-









PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne