忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「真っ赤な紅を・・・。」3

かのは、小さく呟きました。
「涙ってこんな時に零れるんですね・・・」
青年は、そんなかのの顔を覗き込んですまなさそうに言いました。
「お前は、私がいなくなると、また独りになってしまうんだな」
そして、かのをまっすぐ見て
「一緒に帰ろう!」
と言ってくれたのです。
「鬼と一緒に帰っては、あなたがひどい目にあうから・・・」
かのは、あとずさりしましたが、
「髪の毛をとき、赤い紅をさせば、誰にも負けないほどきれいになる、
小さな角も牙も隠れてしまう、何より、お前は優しい」
青年はそう言って、かのをつれて、いいなづけのいる村に帰って
行くことに決めてしまいました。

青年は優しく微笑み、はじめて髪をとき、その唇に真っ赤な紅をさした
かのは、この世の幸せがすべてその身に降り注いだかのような美しい笑顔を
浮かべていたそうです。

-“真っ赤な紅を・・・。”4へ続く-







PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne